介護の資格|福祉住環境コーディネーター

介護の資格取得なら教えて介護さん
▼福祉住環境コーディネーターはこんな資格!

高齢者や障害者のために住まい作りを提案

福祉住環境コーディネーターは福祉や住まいの専門知識を身に付けた、高齢者や障害者に優しい住まい作りのアドバイザーです。医療・福祉・建築について幅広い知識を必要とします。
バリアフリー住宅や在宅介護のためのリフォーム時に利用者の状況に合わせた住環境を提案するだけでなく、2級以上であれば介護保険制度において住宅改修費の申請をするための「理由書」を作成することができます。「理由書」を作成できるのはケアマネージャー、作業療法士、福祉住環境コーディネーター2級以上です。 
3級を持っていなくても2級から受験することが可能なので、 より実践的な2級を取得することをお勧めします。

▼福祉住環境コーディネーターはどんな仕事?

他の資格と合わせて取得すると有利

福祉住環境コーディネーターを目指す人は福祉の分野で仕事をしている人と、建築関係で仕事をしている人に分かれている傾向にあります。 
住宅改修を請け負う建設会社などの建築関係だけでなく、バリアフリー対策が重要視される老人ホームや介護施設、病院などの医療現場でも求められています。それだけに福祉住環境コーディネーターを単独で取得するよりも、 現在持っている資格と合わせて取得することで転職や就職に有利になると言えます。

▼福祉住環境コーディネーターの資格を取得しよう!

資格を取得するには?

東京商工会議所検定センターの実施する「福祉住環境コーディネーター検定試験」に合格することで取得できます。

受験資格 2級、3級については受験制限はありません。 
1級は2級合格者である必要があります。
受験時期 2級と3級は年2回(7月、11月)実施、 
1級は年1回(11月)実施です。
受験料 1級: 10,500円 
2級: 6,300円 
3級: 4,200円 (全て税込み) 
インターネット登録、または電話登録で登録すると申込書が郵送されます。
受験対策 試験は二つの分野から出題されます。第1分野は福祉と住環境の連携、第2分野は福祉住環境の整備に必要な理論と実践というカテゴリーの中から出題されます。 
出題はマークシートによる選択方式です。 
東京商工会議所などが発行している参考書を読み、知識をしっかりと身につける必要があります。
対応エリア 20,000円台~(2018年8月調べ)
期間 :1ヵ月~
学び方:通学、通信
年間10万人が利用!「シカトル」なら複数のスクールの講座案内を無料で一括資料請求出来るので比較に最適!資料はいくつ請求しても無料です。
対応エリア 最安講座18,000円~(2018年8月調べ)
地域・コースにより異なりますが、実務者研修(介護福祉士養成)は最短で3ヵ月。
医療関連資格の総合サイト!「ケア資格ナビ」!
いま話題の「介護職員初任者研修」をはじめ、初級~上級資格講座情報が満載です。
また、各資格スクールの情報も提供。
対応エリア 実務者研修 37,700円~(2018年8月調べ)
特典:介護福祉合格まで、無料で徹底サポート!
ほっと倶楽部で実務者研修を修得された方は、「介護福祉士受験対策講座」を無料で受講できる!
早期申込みで受講料を割引!
仕事と両立しやすいカリキュラム設定なので、働きながらでも負担は少ないです。
▼介護の資格一覧
介護施設診断
介護士になるには資格を取る
介護士・介護施設求人情報
教えて介護さんのフェイスブック
全国の介護施設を探す