介護の資格|介護事務

介護の資格取得なら教えて介護さん
▼介護事務はこんな資格!

ケアプランの円滑な遂行でケアマネージャーをサポート!

介護事務とは主に介護保険制度に基づいて本人負担額を計算したり、国や地方自治体に介護保険料を請求します。ケアマネージャーが作成したケアプランが、円滑に遂行されるように、関係機関や他のサービス事業所と連絡を取ったり、帳票類の作成や交付、介護報酬請求などさまざまな事務業務を担います。
介護事務の仕事をするのに特別な資格は必要ありませんが、保険料の請求など専門的な知識を必要としますので、ある程度の勉強が必要です。 独学でも学ぶことはできますが、講座を受講するほうがより効率的に学べます。民間の団体が認定する資格が多くありますが基本スキルに大きな違いはありません。

▼介護事務はどんな職場?

所内のオフィスワークが主な仕事

介護事務は介護保険が適用される在宅介護サービス事業者や老人保険施設、各種病院などに勤務するのが一般的です。また、介護保険業務のコンピューターシステムを作成する会社などで働くこともあります。
福祉関連の仕事の中でもホームヘルパーのように現場がメインとなる仕事と違い、 パソコンを使って事務所の中での勤務になるため、確かな知識を身につければ誰にでも手軽に始められることも魅力です。
一般にケアマネージャーは多忙であるため、それを事務面でサポートする役割を担っています。ですから介護報酬請求事務をはじめとする事務作業専門のスタッフが強く求められています。

▼介護事務の資格を取得しよう!

資格を取得するには?

介護事務は国家資格ではありません。取得できるほとんどのものが、民間資格です。
講座を受講し所定の過程を修了すると修了証や認定資格がもらえるものと、講座を受講修了することで受験資格を得、試験に合格することで取得できるものがあります。

対応エリア 20,000円台~(2018年8月調べ)
期間 :1ヵ月~
学び方:通学、通信
年間10万人が利用!「シカトル」なら複数のスクールの講座案内を無料で一括資料請求出来るので比較に最適!資料はいくつ請求しても無料です。
対応エリア 最安講座18,000円~(2018年8月調べ)
地域・コースにより異なりますが、実務者研修(介護福祉士養成)は最短で3ヵ月。
医療関連資格の総合サイト!「ケア資格ナビ」!
いま話題の「介護職員初任者研修」をはじめ、初級~上級資格講座情報が満載です。
また、各資格スクールの情報も提供。
対応エリア 実務者研修 37,700円~(2018年8月調べ)
特典:介護福祉合格まで、無料で徹底サポート!
ほっと倶楽部で実務者研修を修得された方は、「介護福祉士受験対策講座」を無料で受講できる!
早期申込みで受講料を割引!
仕事と両立しやすいカリキュラム設定なので、働きながらでも負担は少ないです。
▼介護の資格一覧
介護施設診断
介護士になるには資格を取る
介護士・介護施設求人情報
教えて介護さんのフェイスブック
全国の介護施設を探す