介護の資格|介護予防

介護の資格取得なら教えて介護さん
▼介護予防はこんな資格!

高齢者が介護の手を必要としないようサポート

介護予防とは、要支援・要介護状態にならないようにすることが目的です。
高齢者が 介護サービスが必要な状態になることをできる限り防ぎ、必要な状態であっても弱っている機能を回復するように指導し、それ以上に悪化しないようにして、いつまでも元気で自分らしく、いきいきと暮らしていくためのトレーニング手段です。
体の変化に合わせ、適切な対策を施すことによって、支援を必要とする状態であっても改善されることがわかってきていますので、予防は有効な手段です。
今後も高齢化社会の流れは加速すると予想されます。それに伴って介護予防のニーズも増加していくと予想されますが、予防することで、いつまでも健やかで、自立した生活を送れることを目指します。

▼介護予防はどんな職場?

高齢者をサポートする現場

介護予防では、日常生活の不活発な状態による心身機能の低下を予防するサービスが主に提供されます。
また、効果を上げるためには、ご本人の意欲的な取り組みが重要であり、生活の中に適度な運動を組み込んで、継続することが大切です。 すでに取得済みの専門知識を活かしながら、介護予防の知識を加えることによって、高齢者のサポートを行います。

こんな場面で活躍!

  • 介護予防通所介護(デイサービス)
  • 介護予防通所リハビリテーション(デイケア)
  • その他の社会福祉施設
  • 病院・医院
  • 利用者の自宅 など…
▼介護予防の資格を取得しよう!

資格を取得するには?

介護予防のトレーニング技術を習得するには、 まずスクールで実施されている講座を受講することが一般的です。
スクールによって独自のカリキュラムを実施しています。講座を受講した後、修了試験を受け、合格すると修了証や認定証が発行されます。
東京都老人総合研究所が開発した「介護予防運動指導員」のカリキュラムは全国のスクールで広く実施されています。

対応エリア 20,000円台~(2018年8月調べ)
期間 :1ヵ月~
学び方:通学、通信
年間10万人が利用!「シカトル」なら複数のスクールの講座案内を無料で一括資料請求出来るので比較に最適!資料はいくつ請求しても無料です。
対応エリア 最安講座18,000円~(2018年8月調べ)
地域・コースにより異なりますが、実務者研修(介護福祉士養成)は最短で3ヵ月。
医療関連資格の総合サイト!「ケア資格ナビ」!
いま話題の「介護職員初任者研修」をはじめ、初級~上級資格講座情報が満載です。
また、各資格スクールの情報も提供。
対応エリア 実務者研修 37,700円~(2018年8月調べ)
特典:介護福祉合格まで、無料で徹底サポート!
ほっと倶楽部で実務者研修を修得された方は、「介護福祉士受験対策講座」を無料で受講できる!
早期申込みで受講料を割引!
仕事と両立しやすいカリキュラム設定なので、働きながらでも負担は少ないです。
▼介護の資格一覧
介護施設診断
介護士になるには資格を取る
介護士・介護施設求人情報
教えて介護さんのフェイスブック
全国の介護施設を探す